アパートを借りる際、知っておくと良いこと

一般的な不動産会社では木造や軽量鉄骨造の準耐火で低層物件を「アパート」と呼ぶことが多く、外観的には2階建て位の小規模で低層な集合住宅であることだったり管理費や賃料が安めであるというのが目安のようです。
ただし法律的には明確な規定がないため微妙な3階や設備の物件に付けられる名称は、不動産会社によって変わったり大家さんの好みで決めているという場合が多いのでハイツやコーポ又はマンションやアパートなどバラバラです。しかし名称は色々ありますが賃貸物件を選ぶ際の大きな違いとなるのは遮音性になり、木造や軽量鉄骨造の物件は鉄筋コンクリートの比べると遮音性に劣るものが多いのが原状となっています。



そのため木造のアパートだと隣に住んでいる人の声が聞こえてきたり、上に住んでいる人の足音が聞こえてくるなどの問題が起こる可能性が多くなりますし、通気性は高めですがその分機密性が低いため冷暖房の効きめが悪くなります。



ですがその分家賃は安めの設定になるという利点があり、反対に構造がしっかりしたものになればその分家賃は高めになるということも覚えておきましょう。



加えて規模が小さいアパートは駅近くなどの立地条件が良い物件が見つけやすくなります。
また築年数が経っている場合は最近の物件よりも部屋が広めだったり収納部分も広くとられていることが多いので、立地がよく広くて安い部屋はマンションなどと比較した場合アパートで探した方が見つけやすいようです。